転職求人検索 > 面接対策 > 転職の最終面接で確実に内定をもらうために・・・

転職の最終面接で確実に内定をもらうために・・・

この記事は約 2 分で読めます
[掲載日]2017/02/09

いよいよ最終面接。

最終面接は「顔合わせだから大丈夫」「今までの面接と同じようにやれば大丈夫」と思っていませんか?

確かに顔合わせ程度の簡単な挨拶で終わる企業もあるようですが、最終面接だからこそ厳しい質問をしてくる企業もありますから、油断するのは後悔の元!

確実に内定をもらうためにも、きちんと準備しておきましょう。

最終面接って今までと何が違うの?

一次・二次面接は、現場の社員や人事担当者・部署の責任者が面接官であることが多く、最終面接は、社長や役員が面接官であることが一般的です。

最終面接の面接官となる社長や役員は、礼儀やビジネスマナーに特に厳しいことが多いので、面接のマナーを再度おさらいし、失礼のないようしっかりシミュレーションを行いましょう。

最終面接では、何をチェックしているの?

価値観・意欲

職務経験やスキルについては、これまでの面接で合格という判断が下されての最終面接ですから、それほど重視されない傾向にあります。

  • 価値観・人間性が自社にふさわしいかどうか・合っているかどうか
  • 「この会社に入社して働きたい」という強い熱意・意欲があるかどうか

が中心となることが多いようです。

企業の経営理念を理解し、「この会社なら自分の目標を実現できる・貢献できる」ということを伝えましょう。

これまでの面接の再確認

一次・二次面接で質問した内容の回答に違いがないかどうか、ブレがないかどうかを確認する企業もあります。

特に、前職の退職理由や、志望動機、ビジョン(目標)は完璧にするとともに、「なぜ?」と突っ込まれても答えられるよう準備をしておきましょう。

最終面接で注意したいポイント

雑談型面接に注意

応募者の人間性、本音を知るために、あえて仕事以外のプライベートな質問で場を和ませる「雑談型面接」を行う企業もあります。

話が弾み、自分のことを長々と話す、敬語を忘れる、前職の会社の愚痴を言うなどの失敗をしがち。

「面接の場」だということを忘れずに。

逆質問に注意

最終面接でも、「質問はありますか?」と逆質問される場合があります。

経営を担う社長・役員に、一次・二次面接で聞けるような質問をするのは逆効果です。

今後の会社のビジョン、社長の夢、社員に求めていることなど、経営を意識した質問を用意しましょう。

最終面接の結果が来ない場合は?

最終面接の場で内定をもらえるケースもありますが、結果が出るまでは企業によって差があります。

なかなか結果が来ないと「不採用」が頭によぎり不安になりますが、連絡の期限が過ぎるまで待ちましょう。

大手企業や、応募倍率が高い場合には、内定通知が遅れることも珍しくありません。

「○日までに連絡する」という期限を過ぎた場合には連絡をしても問題ありませんが、「行き違いがあったら申し訳ないのですが」と一言添えるなど、問い合わせのマナーにも気を付けてくださいね。