転職求人検索 > 面接対策 > 転職の最終面接。落ちる予兆【不採用フラグ】とは?

転職の最終面接。落ちる予兆【不採用フラグ】とは?

この記事は約 2 分で読めます
[掲載日]2017/02/08

やっと辿り着いた「最終面接」

最終面接は顔合わせだから大丈夫なはず・・・と思っていませんか?

最終面接で不採用になることも多く、ネット上では、最終面接での「不採用フラグ」を気にしている人がたくさんいるようです。

不採用フラグって?

フラグとは「旗・目印」のこと。
ある条件が揃ったことをフラグが立つといったりしますよね。

不採用フラグとは、面接に落ちる条件が揃ってしまったこと、面接に落ちるサインという意味です。

最終面接の不採用フラグといわれているもの

面接時間が短かった

予定の面接時間よりも早く終わってしまうと、落ちるというもの。

確かに、社長・役員は多忙なため、不採用だなと判断した時点で面接を打ち切る場合もあるでしょう。

しかし、これ以上面接を続けなくても合格決定!という場合でも、早く終わることがあるようです。

説教された・否定され続けた

応募者の今後のためを思って、不採用になった原因を教えてあげようとお説教される場合があります。

しかし、そうではなく「圧迫面接」であった可能性もあります。

圧迫面接とは、応募者の回答に揚げ足を取ったり、横柄な態度を取り、困った時にどういう態度を取るのか試す面接方法です。

この時の態度や受け答えによっては、合格になるケースもあります。

仕事とは関係ないことを聞かれた

例えば「趣味」など、仕事と関係のないことを聞かれた場合。

不採用だから質問することがなく残りの面接時間を潰すためなのではないかと不安になりますが、必ずしもそうではない場合があります。

雑談から、応募者の人間性や本音を探ろうとしている可能性もあるからです。

話が弾んだり、和やかな雰囲気になると余計なことも話してしまいがち。

面接だということを忘れず、礼儀やマナーを欠くことがないよう気をつけましょう。

合格フラグと噂されているものもある

「最後に握手した」
「面接時間が長かった」
「配属先の担当者と挨拶した」
「面接後、食事に誘われた」

といった具合に、合格フラグと言われているものもありますが、絶対ではありません。

フラグに惑わされないで

面接中に「これって不合格フラグかも?」と焦るあまり失敗を積み重ねてしまっては元も子もありません。

手応えを感じたのに落ちたり、落ちたと思っていたのに合格だったというケースはたくさんあります。

フラグはあくまでフラグ。

決まったフラグはなく、面接官によっていろいろなのです。

体験談や口コミのようなものなので、振り回されず、気にしないのが1番です。