転職求人検索 > 転職のコツ > 「ノー残業デー」がある会社が良い会社なの?

「ノー残業デー」がある会社が良い会社なの?

この記事は約 3 分で読めます
[掲載日]2017/01/16

長時間労働を減らし、労働状態を改善しようと始まった「ノー残業デ-」ですが、法律で決められているわけでもなければ、義務でもありません。

残業は、会社側は支払う残業代が増え、社員は鬱病を発症するなど大きな負担となっているので、ノー残業デーを取り入れている会社は増えています。

「ノー残業デー」といっても、定時になったら放送が流れる会社、上司が声がけを行う会社、定時で会社内の電気を消す会社など、会社によって取り組み方は様々です。

「ノー残業デー」実際はどう?

「ノー残業デー」がうまく機能している会社では?

「定時で上がれると考えただけで朝からやる気がUP!」
「残業続きでも、ノー残業デーで早く帰れる日があると頑張れる!」
「定時で帰るために、効率的な仕事の仕方を考えるようになった」
「無駄な業務に気づくことができた」

など、モチベーションのUP、業務の効率化のUPに繋がっているようです。
業務の効率化UPで、普段の残業も減るかもしれません。

ノー残業デーの過ごし方は・・・

  • 家でゆっくりする
  • 友人と食事、飲みに行く
  • トレーニングジムに通う
  • 習い事や、趣味の時間にあてている
  • 資格取得に向けた勉強をしている

など、ストレス解消やリフレッシュに役立っているようです。

名ばかりの「ノー残業デー」となっている会社では?

実際のところ、うまく機能しないどころか、「ノー残業デー」に期待していた分、逆に不満や負担が大きくなってしまっている会社の方が多いのです。

例えば・・・

  • 「ノー残業デー」だけど仕事が終わらないので、「ノー残業デー」=「サービス残業デー」になっている
  • 「ノー残業デー」は会社内の電気が消えてしまうので、暗い中で残業している。
  • 定時で帰れるが、次の日は仕事が溜まりまくって地獄
  • 誰も帰る気配がなく、結局帰れない
  • ノー残業デーなのに、上司と飲み会。それなら残業の方がまし。

といった声が聞かれます。

同じ会社で働いていても、個人の能力や業務量に違いがありますから「ノー残業デー」だから帰りましょうと言われても、帰れない人が出てくるのは当然で、自分だけが帰れる雰囲気ではないことが問題です。

また、「ノー残業デー」で帰ったからといって、その仕事がなくなるわけではないので、他の日に残業時間がプラスされ、1週間のトータル残業時間は「ノー残業デー」施行前と結局は変わらないということも起こっています。

求人の「ノー残業デー」には注意

求人で「ノー残業デー」をアピールしている会社は、一見良い会社に思えますが、注意が必要です。

なぜなら、「ノー残業デー」をわざわざ作らなければならないほど、普段から残業が多い会社だということにもなるからです。

普段から定時で上がれる会社であれば、「ノー残業デー」をアピールする必要がないというわけです。

「ノー残業デー」のアリナシよりも「年間の休日数」を比較する方がいいかもしれません。休日出勤という罠もありますが・・・。