転職求人検索 > 転職活動成功方法 > ノー残業デーの光と影!本当に必要?不必要?今一度見直しを!

ノー残業デーの光と影!本当に必要?不必要?今一度見直しを!

この記事は約 2 分で読めます
[掲載日]2016/12/24

ノー残業デーを実施する会社が増えているようです。
ですが、会社側にも社員にもそれぞれメリット、デメリットがあるようです。

会社側のメリット

転職

ノー残業デーで会社側が受けるメリットは「経費節減」という点でしょうか。
サービス残業なども当たり前で行う会社も結構ありますが、そういった会社がノー残業デーを設けることは出来るのでしょうか?

しかし、ノー残業デーが定められると、「もっと効率よく仕事をこなさないと」という考え方が出てきます。
残業しないで時間内に終わらせるには、どのように工夫していくか、といった効率性の成長が見られます。

残業が当たり前になっている会社にとっては、残業しないで仕事を片付ける方法を、各自が考え、見直すいいきっかけになります。
効率よく仕事が出来ることによって、会社自体の生産性がアップします。

これらが大きなメリットと言えます。

会社のデメリット

転職

ノー残業デーのために、前日に仕事を終わらせないと、といったしわ寄せが来ます。
前日に無理に残業することや、朝早く出勤して仕事を片付けるといったことは、果たしていいことなのでしょうか?

また、ノー残業デーだからと家に仕事を持ち帰るという状況も出てきます。
これじゃあ、ノー残業デーの意味がないと思いませんか?

例えば営業職の場合はどうなりますか?
営業職と言えば、自分の都合ではなく、常に取引先の都合に合わせなければいけません。

その時に「今日はノー残業デーですから、これ以上お仕事の時間がとれません」などと言って先に帰ることなど出来る訳がありません。

また、急な対応も翌日にしか対応できなくなるので、仕事がスムーズにいかないですよね。

多くの会社で形骸化

ノー残業デーを設けたけれど、結局他の日にしわ寄せがくる。
結局家で仕事をやっている。
家で仕事をしても残業代は出ないので却って困る。
といった意見も出ています。

それに、ノー残業デーと言っても、結局会社の飲み会に化しているという話しも聞きます。

ノー残業デーのメリット、デメリットを鑑みて、今一度ノー残業デーの意味を考えてみましょう。