転職求人検索 > 転職のコツ > 【知らないで挑むつもり?】転職での面接のテクニックはこう養え!

【知らないで挑むつもり?】転職での面接のテクニックはこう養え!

この記事は約 3 分で読めます
[更新日]2017/01/23
よっしゃ

転職での面接、誰って緊張します。
でも、転職なので初めての面接でははないです。

とはいっても、前の面接でどうだったかなんて忘れていますよね。

あの人とは違うアプローチをするための面接の準備 4つ

どやがお

面接する企業のホームページを隅から隅までよくよく見る

好きな彼氏や彼女ができたら、その人の事なんでも知りたいと思いますよね。
ある意味、面接は「告白」です。
「あなたの会社が大好きです!付き合って下さい!入りたいのです!」ということです。

彼氏や彼女と違うところは、「ホームページ等で相手の情報が開示されている」ところ。

面接の最後に「何か質問はありますか?」といわれて、ホームページに載っていることを聞いたらアウトです。
むしろ、ホームページにある内容から深く突っ込むくらいの気迫で挑みましょう。

志望動機に「私はこうやってみたい!」を入れる

どうしてその会社に入りたいかという理由には、「私はこんなことができます。ですので御社を希望しました」と言えます。
これで終わるのは新卒です。
なので、「自分はこうします!」という意思表明をしましょう。
例えば具体的な数字を織り交ぜて話すと、確固たる意思が表明できます。

知らない業界に転職の場合は「リサーチ」して「ソリューション」できるように

知らない業界の会社に転職希望なのに、その業界のことを知らないなんて言語道断です。
自分の知識プラスその業界に関する本も読んで、問題点を洗い出し、ソリューション(問題解決)するくらいの心意気で挑みましょう。

面接官によって話す内容を変える

一次面接、二次面接、当然相手が変わります。
相手が変われば、話すことが変ります。
例えば、一次の人事担当と二次の役員や社長、同じことを話ますか?
企業が時間を割いて二回面接をするのですから、会社が知りたいことは同じではありません。
人事の人には、実際の業務面のアピール、役員や社長には自分が経営者だったらどうするか?というビジョンも織り交ぜて話せれば評価は高くなります。
特に会社のブログをよく読むことがお勧め。
面接に通る稼動かということよりも、どんな人たちが働いている会社なのかを知ることは自分の判断基準のために大事ですよね。

最後に勝つのは「自分を客観的に見られる人」

俯瞰
転職は、今の仕事から変わりたくて他の仕事に行くのですから、自分では自覚はないかもしれませんが結構頭がカッカしているのです。
ですので、ここで大事なのが「客観性」。
これはかなり難しいことです。
ただし、転職という機会を得たのですから、自分を俯瞰してみるチャンスを得たのだという風にも考えられるのでは?

物事なんでもいろいろな見方・考え方があります。
木を見て森を見ずではなく、一歩後ろに下がって、自分うぃ客観的に見るいい訓練になります。

そのためには、可視化=ビジュアル化=書く事がとっても大事。
マインドマップなどにまとめてみるのもよいでしょう。
頭の中でモヤモヤしているのであれば、とてもすっきりするはずです。
お勧めです!

転職活動の成功を祈ります!!