転職求人検索 > 転職のコツ > 面接が上手くいかない共通のポイント!面接官はここを重視する!

面接が上手くいかない共通のポイント!面接官はここを重視する!

この記事は約 3 分で読めます
[掲載日]2016/12/25

中途採用での面接・・・何社受けても手応えがない・・・。
そんな方は知らず知らずのうちに、致命的なミスを犯しているかもしれません。

面接に受からない理由

転職

身だしなみは大丈夫か?

社会人としての職歴があり、有利なキャリアがあっても落ちてしまうのには、こんな原因が考えられます。
まず、身だしなみです。

靴の汚れから髪の毛の乱れまで、正に、足下から頭のてっぺんまで見られるものと思って下さい。
清潔感は大事です。

よく見た目で判断してはいけないと言いますが、面接は見た目でも判断します。

志望動機の適格性

どこの会社を受けてもお決まりの台詞で、内容をちょっと変えるだけで通り一辺倒の志望動機では受けがいい訳ありません。
ビジネス書に書いてあるような定型文が一番面接官が嫌うことです。

中途採用であるからこそ、会社に入ってやりたいことを、自分ならこうできます!と熱意をもって望まなければ、勝ち抜くことが出来ません。

受け身でなく、積極性のある人は、適応力、柔軟性を持っていると見られます。

正社員に求められるもの

アルバイトでは出来ないことを正社員の方にはやってもらいたいと思っています。
ですから、ひとつ上のハードルに果敢に挑戦してくれて、成果を出してくれる人材を求めているわけです。

私がこの業界を変えてみせます!
とまでの野心むき出しとまでは言いませんが、自分にしかできないこと、自分の長所をアピールしていきましょう。
それが個性となって面接官の心を動かすかもしれません。

プラスになると思っていたことがマイナスに

志望動機や事故PRは面接に受かる上で最も重要視されますが、長くて、自分に酔って語る人は選ばれにくいです。
面接は書類だけでは伝えきれない自分を売り込む最大の場所ですが、適度な長さとまとめが大事です。

面接ではコミュニケーション能力も見られますので、一方通行な話し方はNGです。

文章を長くするのは簡単ですが、必要な部分だけを抜粋して、本当に伝えたいことだけのスリム化が大変なのです。
それをクリアできれば先は見えていきます。

今一度基本的な面接マナーを学ぶ

転職

面接慣れしていない人。
ブランクがある人は得に注意して欲しい、面接でやってはいけないことをまとめました。

態度

・携帯の電源を切っていない人

・座ったまま挨拶する人

・1分でも遅刻してきた場合のお詫びが出来るか

・コートを着たまま部屋に入る

・「どうぞお座りください」の前に座った

身だしなみ

・靴が汚れている

・シャツが汚れている

・爪がのびている

・髪の毛が整えられていない

・ヒゲが伸びている

ネガティブな発言はNG

前職を辞めた理由を聞かれたときに、前職の会社の悪口になるようなことは絶対言ってはいけません。
今回の会社でも同じような理由ですぐ辞めてしまうのでは?と思われてしまいます。

前職での不満を活かして次にどう転化させることが出来るかが重要。
ポジティブでキャリアップしていこうという姿勢をみせましょう。