転職求人検索 > 面接対策 > 必見!集団面接で生き残る!いい意味で「印象」に残る方法とは!

必見!集団面接で生き残る!いい意味で「印象」に残る方法とは!

この記事は約 2 分で読めます
[掲載日]2017/01/14

「個人面接」と「集団面接」どちらが得意ですか?と聞いたら、断然個人面接という答えが返ってきました。
集団面接は個人面接とはルールが違い、勝手も違います。

その中でも一番の特徴と言えば、一人一人に与えられる時間が短いという点ですよね。
限られた時間の中で面接官に好印象を与え、アピールしていかなくてはなりません。

集団面接を勝ち抜くための方法をご紹介していきます。

集団面接の定義

就活

集団面接はだいたい一次面接で行うことが多いです。
だいたい4~6人程度のグループで行います。

募集に対して大量に集まった学生を、一気にふるいにかける目的がありますので、集団面接は個人面接より重きを置いて臨むべきです。

集団面接で見られること

あくまでの社会人としての当たり前のことしか見ていません。
質問の意図を理解しているか。
的確に話しをまとめられるか。
といったコミュニケーション能力があるかどうかを見ています。

これをクリアできれば、次の面接へと繋がる訳ですね。

話す能力だけではなく、聞く能力も見られています。
他の人が話している時のマナーも重要です。

短い時間でPR

一人当たりに割り当てられるのは5分~10分程度。
簡潔で分かり易くまとめられているかが勝負どころです。

長すぎても短すぎてもダメです。
自分で計算して的確な時間を割り出して下さい。

集団面接-質問予想-

就活

だいたい一次面接で集団面接は行われるので、そんなに難しく複雑な質問はされません。
代表的な質問を予想してみました。

1.自己紹介
2.学生時代に力を入れたこと
3.志望動機
4.自己PR
5.他にどんな会社を受けているか

集団面接を乗り切る秘訣

就活

簡潔の中でも売り込みを

結論から入って簡潔にまとめて話す練習をしておきましょう。
ダラダラとまとまりのないのは論外です。

第一印象をよく植え付ける

第一印象で悪い印象を与えると、のちのちまでそのイメージが離れません。
第一印象を良くするためには、基本中の基本である身だしなみから始まり、大きな声でハキハキと話すこと。
姿勢よく面接官の目をしっかり見て話すこと。

他人の意見にも耳を傾ける

「今の〇〇さんの意見をあなたはどう思いますか?」
などと聞かれる場合もあります。

他人の話しでもしっかり聞いているのかチェックしているんですね。
これも集団面接ならではの採用基準ですね。

他の学生に引け目を感じないこと

集団面接では他の人が自分より優れて見えるものです。
ですが、面接官は対価評価ではなく、絶対評価で見ているので、自分に自信をもって、自分らしく伝えることが大事になってきます。
メンタルの部分も判断基準になっているかもしれません。

他人と内容がダブっても怖気突かないこと

集団面接では他の人と内容がダブることはあるあるです。
その時、「〇〇さんと内容が被るんですが」などと前振りするのは絶対NGです。

全部丸ごと同じではないのですから、自信を持って話しきりましょう。