転職求人検索 > 転職のコツ > 派遣から正社員になれる?正社員になるメリット・具体的なルートを大公開!

派遣から正社員になれる?正社員になるメリット・具体的なルートを大公開!

この記事は約 3 分で読めます
[掲載日]2017/01/11

今は、派遣で働いているが、できることなら正社員になりたいと思っている人は多いと思います。

「うちの会社では派遣から正社員になった人がいるらしい」
「空きが出たら正社員にしてくれると言われた」など、チャンスを待っている人もいるかもしれません。

しかし、派遣社員として働いている会社で、新たに正社員として採用されたというケースは稀なんです。

なぜなら、そこそこ仕事の出来る人を人件費が安くいつでもクビにできる派遣社員のまま、できるだけ長く使いたいと考える企業が多いからです。
 
正社員になりたいなら、派遣社員から正社員を目指すよりも、転職活動をして正社員を目指す方がオススメです。

派遣から正社員になったら給料はどうなる

派遣社員は時給制、正社員は月給制です。

正社員になったら、派遣時代より勤務時間が長くなったにもかかわらず給料が下がってしまったということも多いようです。

なぜなら、正社員は「仕事は出来なくて当たり前」育てることを前提として雇われるため、一人前になるまでは、即戦力として雇われた派遣社員よりも給料が少ないことがあるのです。

しかし、正社員は社員研修などの教育機会を会社から提供されることで、どんどんスキルアップし昇給していきます。

派遣社員は、自社の社員ではないため教育機会を与えられることもありませんし、会社側から求められるのは既に持っている能力でできる範囲の仕事だけ。

派遣社員は、スキルUPも賃金UPも難しく、年齢を重ねれば重ねるほど、正社員と派遣社員の能力の差、給料の差は広がる一方なのです。

派遣から正社員になる1番のメリットは?

正社員の1番のメリットといえば、長期間安定して働けること。

昇給、昇格もあり、様々な手当も充実しています。

社会的に信用もあるため、クレジットカードやローン審査も有利です。

派遣社員が不安定だと言われる理由には、時給制なので休みが多い月には給料が減ってしまうこと、交通費やボーナスが支給されないこと、契約期間内であっても、能力がないと判断されれば突然職を失う可能性があることがあげられます。

また、30代以降になると管理職やリーダーとしての経験やスキルがなければ派遣先を見つけることも難しくなっていくでしょう。

派遣派遣から正社員になるためには?

転職活動して正社員を目指す

正社員を目指すなら、転職サイトや転職エージェントを利用して、中途採用の募集に応募するのが一番の近道かもしれません。

特に、転職エージェントは無料で利用できるにもかかわらず、専属の転職アドバイザーがつき、求人のマッチング、履歴書の書き方から面接対策まで様々なサポートを受けることが出来ます。

正社員として入社すれば、いくら社会経験があってもスキルがあっても「新人」です。
部下があまりにも年上だと扱いづらいという理由から敬遠されることもあるので、派遣から正社員への転職は30代になる前に・・・がポイントです。

派遣会社に教育制度があるなら、利用しない手はありません。
転職活動を有利に進めるためにも、働きながらスキルアップしておきましょう。

紹介予定派遣として働きながら正社員を目指す

紹介予定派遣とは、最長6か月の派遣期間のあと、本人と派遣先企業の両方が合意すればその派遣先企業で正社員、契約社員になれる制度です。

派遣社員は、雇用前に職場環境を確認できる、仕事の適性を見極めることができる、会社側は雇用前に仕事ぶりや人柄を見ることができるというメリットがあります。

この制度を利用したい場合は、紹介予定派遣の制度がある派遣会社に登録をする必要があります。

しかし、紹介予定派遣として働きながら正社員を目指す道は険しいです。

通常の派遣では行われることのない履歴書や面接による選考があり合格基準が厳しいこと、運良く紹介予定派遣として働くことができても不採用になるケースも多く、正社員ではなく契約社員を薦められるケースもあるからです。

また、紹介予定派遣は特殊な制度なので、求人自体が少なく自分の希望する職場がなかなか見つからないこともあります。

紹介予定派遣として働く場合は、デメリットもしっかり把握しておきましょう。