転職求人検索 > 面接対策 > グループ面接でいかに自分をアピールするか!グループ面接の成功術!

グループ面接でいかに自分をアピールするか!グループ面接の成功術!

この記事は約 2 分で読めます
[掲載日]2017/01/13

面接には「個人面接」と「グループ面接」があります。
個人面接とグループ面接では、見られるポイントが違います。

グループ面接で意識すること。
面接官はどこを見ているのかを、紐解いていきましょう。

グループ面接で注意するポイント

就活

グループ面接では一人に割り振られる時間が短いです。
その上、自分が言おうとしていたことを、先に言われてしまうと、どうしよう!と焦ったりします。
そんな時、すぐに対応できるかどうかも見られています。

面接官はここを見ている!

若者言葉が抜けない

学生であっても社会人として通用するレベルの言葉遣いや話し方が出来ていて欲しいです。
普段当たり前に使っている若者言葉を面接のときにポロッと出してしまわないように、就活生となったら普段からの言葉遣いまで意識したいものです。

第一印象

他の就活生と並んで座っているので、その第一印象は比較対象になります。
マナーがいいか悪いか。
悪い人は目立ちます。

その印象が第一印象として植え付けられてしまうのは損だと思いませんか?

面接官と目を合わせられない。
緊張して落ち着きがない。
姿勢が悪い。

などなど、細かいことまで悪目立ちしてしまいます。

就活

話しの長短

グループ面接は話せる時間が限られていますよね。
その配分は事前に計算して対応できるようにしておきたいところです。

時間が短いということは、話しをコンパクトにまとめて且つ自己アピールをしなければなりません。

話しが長いのはマイナスになります。
話しが長いイコール熱意がある。
とはグループ面接では受け取られません。

逆に話しが短すぎるのもマイナスです。
聞かれた質問にただ答えるだけというのは、印象に残りにくいですし、伝わってきません。

長すぎず、短すぎない、丁度いい尺度を計算しましょう。

自分の言葉で話していない

よく自己PRや自己紹介、志望動機まで丸暗記してくる人がいますが、丸暗記している人は面接官はすぐに分かります。
暗記に頼ると違う角度からの質問などに対応できなくなる恐れがあります。

面接官が見たいのは、「自分の言葉でどれだけ表現できるか?」という点です。
コミュニケーション能力にも関わってくることですから、暗記はやめましょう。

グループ面接の落とし穴

グループ面接でやりがちなのが、自分の出番が終わると油断してしまう人です。
面接官は話しをしている所だけを見ている訳ではありません。
他の人の話しを聞いているという姿勢も評価の対象になります。

グループ面接は並んでいるので、ちょっとした気の緩みも悪い意味で目立ってしまうのです。
それは自分のこと以外興味がないんだと判断されてしまいますし、コミュニケーション能力もないと見なされます。